播州三木打刃物

(こて)
scroll

三木金物の鏝の特長

鏝は人類の起源から生活居住には
絶対必要なものでありました。
日本の歴史では室町時代(1400年)に左官職人の
職業があったと確認されています。
三木では嘉永年間(1850年頃)に岩佐六助が
江戸で修行をして
三木で鏝を製造しだしたのが
起源だといわれています。
材料ー裁断ー鍛造ー焼入れー整形ー
穴あけー盃取り等19の工程を経て、
より粘りのあるプロが誇りとする強靭な
鏝が造られています。

製造工程

1原材料

炭素工具鋼を使用。

2材料裁断

鋼を刃部のサイズに切断する。

3鍛造(荒打ち)

鋼を加熱(800~900℃)に熱し、槌で鍛えながら形を造る。

4焼なまし

鍛接、鍛造で乱れた鋼の組織を750℃に熱した炉に入れ、ゆっくりと冷やし組織を球状化する。

5生ならし

槌で叩きながら歪を取る。

6整形(たちまち)

グラインダー等で形を整える。

7穴あけと穴摺り加工

鋼に首を取り付けるための穴をあける。

8銘入れ

首部をグラインダーで形を整える。

9焼入れ

780~800℃に加熱し水に漬けて急冷し、鋼を硬くする作業。

10焼き戻し

180℃に加熱し、鋼に粘りを持たせる。

11歪取り

歪を取る。

12粗研ぎ

グラインダーで研磨。

13表面仕上研ぎ

バフで裏面に光沢を出す。

14首造り

鋼と柄をつなぐ柱部分を造る。

15カシメ

鋼と首をカシメてつなぐ。

16裏仕上研ぎ

カシメによって生じた凸凹を研磨で磨く。

17歪取り

仕上げで生じた歪を取る。

18柄付け

木柄を付ける。

完成

一覧へ戻る